ぶどう絵日記

crow1978.exblog.jp
ブログトップ

タグ:勝沼 ( 3 ) タグの人気記事

ぶどう畑にて

b0094717_1934330.jpg
ぶどう畑にて シャン=ポール・ミュジニー 勝沼国立美術館蔵
1978年作 油彩・キャンヴァス 100.5×76.5cm


シャン=ポール・ミュジニーはフランスを代表する芸術家。
代表作として「恋人達 レ・ザムルース」などがあるが、この「ぶどう畑にて」は最晩年の傑作と言われている。
長い冬の終わりを予感させる明るい空の下、一本のブドウ樹に語りかけるようなエノログ(醸造家)の姿。最高のワインを造ろうとする情熱と春へ向かう喜びが見事に表現されている。







・・・なーんてね

More
[PR]
by kurouhougan | 2008-03-18 19:26 | ブドウ

勝沼という楽しみ♪

b0094717_0174632.jpg
今回の土日はHPの方のオフ会で、勝沼一泊旅行^^
朝早めに出て、一路勝沼へ・・・
半年振りくらいで、ホント久しぶり。

ワイナリーは
大泉葡萄酒・シャトレーゼ・シャトー酒折・本坊マルス・マンズワイン・シャトー勝沼・シャンモリ・フジッコワイナリー(一日目!!)
二日目は、五味葡萄酒のほか、たまには観光で「恵林寺」「勝沼トンネルワインカーヴ」

充実・充実♪♪♪

b0094717_0221083.jpg
とある畑では棚のワイヤーの架け替え。

「何年くらいもつんですか?」
「普通の針金で20年。いま、ステンレスにしているからこれで一生もつね」

一生涯、畑を耕し続けると言うこと。
ブドウの樹も40年はもつ。
長い時をかける「農」の世界を感じます。

b0094717_0806.jpg宿泊は勝沼ユースホテルだったのですが、庭先には葡萄の樹。
「アジロンダック」だそうです。

最近、ワインにも多く使われるようになっているアジロン。
これ、生食でも美味しいけど、熟すと実が房から落ちてしまうため、食べる機会がほとんど無い品種です。
まだ剪定もしてないし、時期的にも・・・
と、ご主人に聞いたら、快く枝を分けてくださいました。

ふふふ^^これでまた品種が増える♪

あ、置き場所どうしよう -_-;
[PR]
by kurouhougan | 2008-03-17 00:30 | ワイナリー

久しぶりの勝沼

日曜日に休みを入れて、友人と二人、勝沼まで行ってきました。
今回の目的は甲斐VINの受賞ワイン諸々の偵察メイン!

b0094717_9562233.jpg

秋の終わりの甲州畑は、見事な紅葉。足元は落ち葉でいっぱい

b0094717_1002365.jpg
こちらはブドウ畑でよく見かける、軽トラのオープンスタイル。
雨降ったらどうするんでしょう?



お目当てのワイナリーは、醸造長が休みだったり、会社がお休み(日曜だったね)だったりで、予定通りには行かず。
でも、ワインfanには見るとこ一杯の勝沼。
とくに、毎年レベルを上げてくるワイナリー達は、目が離せない!
全部チェックしたいけど、時間もお金も足りないな~



b0094717_1014110.jpg
勝沼では何本か買ったけど、おウチ戻ったら昨日買ったボジョレーヌーボーがあったので、こちらを開けました。
今年は、ボジョレーヴィラージュをチョイス

きちっと抑えたバナナ香
色はかなり濃い紫。わずかにピンク
どっしりした味わいに、高い酸味が軽やかさを演出
若いが、きめ細かいタンニン
そこそこの余韻が、作り手の思いを伝えてくる・・・

言う事なしの美味しさ!



crowの考えるヌーボーは
「強い口紅の香り、妖艶なピンク、若く刺激的なタンニン、軽やかな酸と味わい」
若いがゆえにバランスを崩した感じが強かったのですが、そのイメージが一掃。

とっても美味しい晩秋の一日でした^^
[PR]
by kurouhougan | 2006-11-27 10:18 | ワイン