ぶどう絵日記

crow1978.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春を迎える日本ワイン♪

寒いし、雨だし・・・
気分の滅入る2月後半

でも、家に帰るとこんな通知が^^

b0094717_17363080.jpg

久しぶりの日本ワインを愛する会♪

今回は渋谷シダックスビレッジにて

ビュッフェスタイルの立食パーティ

どんなワインが出るのか楽しみです*^^*



詳細はHPにて・・・
「日本ワインを愛する会」
[PR]
by kurouhougan | 2009-02-27 17:41 | ワイン

ガンバルジョ!!

『銘醸地のワインについてしか語れない人は、
そのことにどれほど該博な知識を持とうとも、
グラン・ヴァンの何たるかをついに識ることなく終わるであろう。』 
(比較ワイン文化考 麻井宇介著 中公新書)

ということで、いろんな国のワインを飲んでみたいcrowですが、
引き続きグルジアワイン

b0094717_10494672.jpgTAMADA Pirosmani ピロスマニ
2000円

グルジア土着品種である、サペラヴィ種を使用したセミスイートワイン
イチゴジャムに八角などの漢方(昔の甘い風邪薬)の香り。
ベッコウ飴のニュアンス。
料理とあわせても問題ない程度の甘さです。

ワイン名のピロスマニは、
グルジア生まれの画家ニコ・ピロスマニをモデルにしたそうです。


って誰?と思ってWikiで調べたら、加藤登紀子の「百万本のバラ」のモデルになったそうで、世の中いろんなところでつながってるなぁ。


b0094717_1059443.jpg


先日出たソムリエールの新刊

グルジアワインの話が出てて、びっくりです^^

[PR]
by kurouhougan | 2009-02-26 11:08 | ワイン

Georgian Wine

Georgia
と書いてなんと読むでしょう?

答えはグルジア

いや、缶コーヒーでも米国の州名でもいいんですが - - ;


ホント、世界中でワインって造っているなぁと思う中、
ロシアってどうなの?と調べてみたら出てきたのがグルジアワイン

黒海に接するグルジアは世界最古のブドウ栽培&ワイン醸造の地を名乗っているとのことで、ワクワクしながら注文。

b0094717_1004875.jpgTAMADA Mtsvane ムツヴァネ
1300円

明るい麦わら色に、
青りんごやピーチの香り、ドイツワインに
見られる寒冷地系のニュアンス
軽く微発泡しているのは酸を補うためか、
保存の役割?
口に含むと、ムスクの香りが広がります。

全体的にセミヨンに似た感じ。

未知のワインということで、
もっと野性的な物を想像していたのですが、
意外なほどに洗練された味。



ちなみにエチケットは当然グルジア語
さっぱり読めませんw

他にも赤を2本頼んであるので、どんな味なのか楽しみです^^

グルジアとジョージアの違いについて
リンク:「ジョージアとグルジアはなぜ両方 Georgia なのか?」
[PR]
by kurouhougan | 2009-02-21 10:23 | ワイン

畑の贈り物?

なんだか、2日間だけ春が顔を出しましたね。
急な温度変化は植物にもワインにも悪影響なので、コマリモノ。
今日はまた寒くなるみたいですが、朝はまだそれほどでもない・・・かな?

b0094717_10131115.jpg
先日行った祖母の畑
他界した祖父が糖度計を持っていたのを思い出して、倉庫を探してみると・・・
ありました♪

屈折式糖度計

crowが小学校くらいのときに、祖父がミカンの糖度を計っていたんだよね^^

使い方は先端のガラス面に果汁を1,2滴たらして、レンズを覗き込むだけ。

b0094717_10152935.jpg
未熟な夏みかん 9度

写真のネーブル 12度

市販のオレンジジュース 10度

ワイン 6度(?)

日本酒 10度(??)



えっ!?と思った方
[PR]
by kurouhougan | 2009-02-16 10:27

crow's farm

先日、驚きの結果が出た海藻肥料

本格的に試してみたくなり、伊豆に住む祖母の畑へ

b0094717_1904170.jpg

「畑貸して」

「その辺つかいな~」

ってことで、黒っぽく写っているのがcrowのエリア^^

b0094717_191293.jpg
耕してくれたのは、
こちらの耕運機クン

機械化された農業はラクチン作業♪


b0094717_1924651.jpg
とか思いながら、40リットル入りゴミ袋いっぱいの海藻を一列に埋めて、畝つくり

すでに耕されて柔らかくなった土を盛るだけの作業なのに・・・

ホント大変!!

しかも、思ったようにキレイな畝にならない ><

ちなみに右側が海藻入り。
左は比較用に何も入れてません。


b0094717_1972459.jpg
ついでに頼まれた土留めの石積み(並べ?)
これは結構カンタン^^

でも、周りにある亡き祖父が作った石垣を見ると、プロ顔負け

すごいな~

「百姓はなんでもやるから百姓」

本当にそうなんですよね。

crowに流れるお百姓さんの血がウズウズして来ました ^^)v


植える予定はトマトに枝豆。
トマトはサンマルツァーノあたりの、トマトソースに美味しいのを作ってみたいと思ってます。

※あとで祖母に聞いたら、畝って作物の芽が出てから、まわりの土を寄せるそうです。
農について、なんにも知らないcrowでした T T

オマケ
[PR]
by kurouhougan | 2009-02-11 19:20 |

海藻肥料はどんなもん?Part2

二月 如月

旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」
(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


寒い寒いといっているうちに、待ち遠しい春がすぐそこに来ているのもまた2月。

b0094717_1029697.jpg
さて、12月に植えたパンジー

咲いてる右半分は海藻を肥料として
まだ咲いてない左側は油粕のみ

品種はサカタのタネの
LRテラノ・オーシャン

テラノ(恐竜)ってくらいだから、
さすがの大輪だな~と感心^^

ちなみに写真は2月2日
比較用のノーマルも早く咲かないかと待っていたのですが、今日、ようやく開花しました。

オドロキの結果はこちら
[PR]
by kurouhougan | 2009-02-07 12:07 | ガーデン