ぶどう絵日記

crow1978.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

絶対NIPPON!!

産地偽装なんて言葉が流行モノのようになっていますが、ワインの世界では昔から当たり前のようになっています。

有名どころでは、昔のボルドーワインは色を濃くするためにカオールのワインを混ぜていたとか、ネゴシアン(ワイン商)がシャトーから買い取ったワインを勝手にブレンドしてたとか。

日本でも1985年、ジエチレングリコール事件(※)があったりとか、枚挙にいとまがありません ><

現在でも、国産のような顔をして実は・・・なんてワインも(本当にたまーーーに)見かけますが、こういうのは大丈夫!!ってワインのハナシ。

b0094717_1092512.jpg

大泉葡萄酒 :香りKOSHU 2007
 ボルドー液不使用で、いわゆる「きいろ香」を醸しだした逸品。温州みかんのような優しい柑橘系の香りと淡雪のように気持ちの良い余韻。甲州ワインの最高峰の一つ。

マンズワイン :山梨デラウェア 2005
 デラウェアって種無しのアレとか思ってると、驚きの完成度です。濃厚な樽熟成を想起させるニュアンス。不思議なことに、イクラと食べると華やかなグレープの香りが開きます。


甲州やデラウェアでワインを作っているのって、基本的に日本のみ ^^)v
ほかにもベリーAやブラッククイーンなどの川上品種もそうですね。

絶対に国産しか口にしたくなーい!!
って人は、こういうのを選ぶって手もありますよ^^

※ジエチレングリコール事件
機械系の不凍液に使われるジエチレングリコールという物質が、粘性と甘さを持つことに目をつけたオーストリアのワイン業者が糖度の低いワインに混入し、貴腐ワインとして売り出しました。
これだけでも事件なのですが、さらに当時、マンズワインが「国産貴腐ワイン」として売り出していた商品からも検出されました。
つまり「ジエチレングリコール混入」と「国産偽装」の二つの偽装が重なった大事件!!

これにこりたのか、現在のマンズワインは「これでもか!!」とばかりにどこよりも産地表示を明確にする最も信頼できる会社へと変貌しています。
[PR]
by kurouhougan | 2008-11-29 10:34 | ワイン

晩秋の伊豆ワイナリー

b0094717_1025126.jpg
天気のいい休日
お昼ごはんを食べて、さて何しよう?
そうだ、伊豆ワイナリーへ行こうっと♪

b0094717_1043046.jpg
この前の東京でも飲んだけど、毎年良くなってきてます。
伊豆という立地上、多雨の中で懸命に造っている努力が少しづつ実り始めている。

地元としても誇りです☆

b0094717_1093055.jpg
ぶどう畑は紅葉を迎えて、だんだん近づく冬の足音
晩秋の風はちょっと冷たくて、車の暖房が心地よい^^



b0094717_10125990.jpg
そういえばもうこんな季節

クリスマスソングが街に流れると、
毎年のように寒さを感じる T T

季節を飛ばして春になって欲しいけど、
この寒さがブドウの樹を充実させて
力強い芽吹きの季節を迎えます。

さ、春に向けて力を蓄えますか^^

[PR]
by kurouhougan | 2008-11-27 10:17 | ワイン

魅惑の日本ワイン

b0094717_23223658.jpg

「シルク・キュリネール: 魅惑の日本ワインとの邂逅」

へ、行ってきました^^
[PR]
by kurouhougan | 2008-11-23 23:51 | ワイン

Georges Duboeuf

ボジョレーヌーボー、昨日11月20日に解禁♪
必ず解禁日に飲むわけじゃないけど、今年はしっかり解禁日に味わってみました^^

b0094717_9354673.jpg手前がロゼ、
奥がノーマルの赤

ボジョレー好きを自称するわりに、ジョルジュ=デュブッフは初めて飲んだのですが、いつもより軽めの造り。

ボジョレー地方のぶどう品種
「ガメイ」を使って、
デュブッフが目指したものは、

「一口飲むだけで心がおどりだすような
楽しいワイン」

なるほど、ゴクゴクと飲みすぎてその後、
爆睡w


夢の中で、ブドウの声を聞いていました f^^;


P.S.前回の日本ワイン試飲会にコメントいただいた方々、ありがとうございました。
一件一件お返事もしたいのですが、主催者に見つかると怒られそうな気もしますので、記事を削除させてもらいましたm(_ _)m
[PR]
by kurouhougan | 2008-11-21 10:27 | ワイン

ニッポン産

b0094717_13562963.jpg
きびしい寒さがふと和らいだ昨日

つられて固く閉じたツボミもほどけて、
ようやく秋バラがお目見え。




少しでも日の光を浴びたいのか、
完全に外を向いているので、
柵から乗り出してようやくパチリ f ^^;



さて、そんな暖かさを享受する前に、寒い日続きで見事に風邪をひいてしまいました ><
とりあえず、早めのパブ○ン。ファイト一発リポ○タンD。
いろいろなドーピングで押さえ込んではおりますが、

b0094717_1431068.jpgこんな美味しいおクスリも^^

「バーネット ドライジン」

以前行ったキリンディスティラリーのお土産で
珍しい国産のジン

と思ってよく調べたら、イギリスの
サー・ロバート・バーネット社をシーグラム社が買い取って、日本でライセンス生産したものだそうです。
日本生まれのイギリス人みたいなものですかね?

たぶん、金髪なのに日本語しか話せなかったりするんですよw

閑話休題・・・

b0094717_1493828.jpg
もともとジンは、オランダのお医者さんが
解熱・利尿作用のあるお酒を造って、熱のある患者さんに処方した所、あんまり美味しいのでみんな顔を真っ赤にして追加をもらいに来た
なんて話があるくらいに、「薬」なんですね。




強めのアルコールで血行を良くして、ジュニパーベリーの薬効を信じ、あったかい布団にくるまりましょう^^


・・・でも、その前にもう一杯だけ♪(笑)
[PR]
by kurouhougan | 2008-11-14 14:19 | アルコール

大丸の試飲会へ

東京駅の再開発は急速すぎて、行くたびに違う駅みたいになっていますが、
その開発の目玉!!新大丸で、

「大丸東京新店 開店1周年記念 第74回 世界の酒とチーズフェスティバル」

なんてのがやっていたので、早速行ってきました。
b0094717_14223062.jpg

今回の試飲会はたくさんのインポーターが、各ブースで試飲してもらって、直売する形式。
なお、吐器がないため、注がれたワインはすべて胃の中へ

・・・

ツライ ><

3つ目のブースあたりから、かなりフラフラにw

b0094717_14285846.jpgこんなのありました。
「ゴッドファーザー」
で有名なコッポラ監督が造っている

『フランシス・コッポラ
  ダイヤモンド・コレクション』

名前ばっかりかと思ったら、
いい意味で裏切られます。

他にも、面白いワインがたくさんありましたが、当然、全部は飲めず T T




b0094717_14352432.jpg
お土産も重たいので、一本だけ

「ラ ローザ パッシート」
2000円ちょっと

エチケットの通り、バラの豊かな香りに包まれた甘口芳醇ワイン。
なにやら、ワイナリーのオーナーが奥様のために造ったと言うことで、愛にあふれた逸品です。

輸入業者は先日の試飲会の「㈱稲葉」
崎陽軒の時には、こんなのなかったのにね^^



追記
「日本ワインを愛する会」後援で、日本ワインの試飲会が11月22日(土)に行われます。
場所はなんと、「ペニンシュラ東京」!!
詳細はこちら
[PR]
by kurouhougan | 2008-11-11 14:48 | ワイン

思い立ったが吉日

名も知らぬ 遠き島より 



b0094717_17214058.jpg流れ着いた・・・

海草(笑)

家の前の海を散歩してたら、ふと足元の海草に目がいきました。

「これ、肥料に使えないかな?」

と思ってネットを調べたら、けっこう利用されていることが判明
ヨーロッパでは、海草の取り合いで、戦争まで起こったとか。


b0094717_1723068.jpg
というわけで、すぐにバケツを持ってGO!!

5分もしないうちに、バケツいっぱい^^


b0094717_17231952.jpg
とりあえず、お風呂で塩を洗って、乾燥。

春になったら、使ったものと、使ってないものを比較してみようかな。

楽しみです ^^)v
[PR]
by kurouhougan | 2008-11-06 17:43 | ガーデン

悪魔のワイン

b0094717_14134139.jpg

悪魔より幽霊のほうが怖いと思いませんか?



それはそうと・・・

More
[PR]
by kurouhougan | 2008-11-01 15:06 | ワイン