ぶどう絵日記

crow1978.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

グラスあれこれ

b0094717_2350890.jpg

左から シャンパングラス・白ワイン用・赤ワイン用・高級赤ワイン用

そこの方、ワインはお飲みになりますか?
あなたの持っているワインをこの魔法のグラスでおいしくして差し上げましょう・・・

と言う訳で(何が?)、ブドウが順調で書く事ないので、たまにはグラスの事などを。
居酒屋などでワインを頼むと、分厚いガラスのワイングラスや、コップのような物で提供されますよね。割れにくいので、それはそれで大切なんでしょうが、たまには気取って足のながーいグラスで飲んでみませんか?(ここからウンチク入りますので、眠い方はコーヒーのご用意)

実はいっぱしのワインマニアを自称する私も、初めは結婚式の引出物でもらった、逆三角形のグラスでワインをたしなんでおりました。まあ、グラスで味が変わるような事は想像もしてなかった訳です。
ところが、あるワイナリーの試飲コースを頼んだ時に、親切な支配人はグラスを複数揃えて、グラスによる味わいの違いを教えてくれたのです。
曰く、ガラスは薄く、先のすぼまっているタイプを選びなさい。軽く爪でたたいて、ポーンと鳴るグラスを選びましょう(クリスタルガラス使用)。
:キーンとかカーンではない

そんなことを考えた事もなかった私には目から鱗の事件でした。
それまで飲んできたワインも、家に帰ってグラスを変えてみると、アーラ不思議。見事に香りの華を咲かせてくるではないですか!!

そんな事ないだろうと思われる方、是非無印良品で600円出して、写真左から2番目の形のグラスを買って飲んで下さい。おそらく今までのグラスとは比べ物にならないオイシサを味わえますから^^

b0094717_031047.jpg
写真はメルシャン勝沼ワイナリーで有料ツアーに行くと貰えるテイスティンググラス。このタイプのグラスは香りを非常に分析しやすい形で出します。さすがテイスティンググラス!なんですが、ワインの全体的な印象を感じたいなら、もう少し大きめのグラスを選んだほうがイイでしょう。

※余談ですが、ソムリエ等がグラスの中でクルクルッっとワインを回すのも、上の写真のようなグラスだと結構簡単に出来ます。彼女の前で格好つけるには最適ですよ。
[PR]
by kurouhougan | 2006-07-29 00:16 | ワイン

敵機襲来

毎晩、仕事から帰ると少しづつ色づいてきたブドウを眺めながら、コーヒーを一杯のむ。
こんなリラックスタイムで幸せを噛み締める。
でも最近なんかおかしい?房全体としては、1個2個しか色づかないし、昨日色づいた実が今日はない。
どうも朝早くに鳥が襲来して、おいしそうな実を先取りしていたようです。
たいして甘くなっていないハズなんですけどね・・・
b0094717_17313385.jpg
そこで強い味方!!
ホームセンターで買ったブドウ用袋(20枚入り250円なり)
手作りもいいけど、とりあえずは既製品で^^
こんなブドウ栽培なんて全くしていない地域で売れるのだろうか?と不思議に感じながら装着。
房が下がっているのが、風情とは思いますが、そこは我慢。実が無くなったら何の意味もないですからf^^
これで鳥もハチも怖くない!
b0094717_17345879.jpg

[PR]
by kurouhougan | 2006-07-24 17:37 | ブドウ

傘かけ

b0094717_11242837.jpg降り続く雨、絶え間ない病気・・・
ブドウ栽培の難しさを実感しつつ、見事なブドウ、ワインを作り出すプロの方への尊敬を深める今日この頃です。

今朝は雨も上がっていたのでブドウに傘をかけました。
印刷機用のマスター紙(料理に使うパラフィン紙みたいなもの)の半端分を切ったお手製傘^^
雨風鳥などからブドウを守ってくれるように祈りを込めてホチキス止め。





b0094717_11293578.jpg
こちらは見事に病気にかかり、裂果した甲州。
我が家の甲州は黒痘病に弱いようで、去年も黒痘病でやられました。
いちおう日本特産のブドウのはずですが、農薬もない昔の人はどうやって防いでいたのでしょうか?
[PR]
by kurouhougan | 2006-07-22 11:34 | ブドウ

たまには不動産屋らしいこと

ガーデン情報メインで立ち上げたブログですが、今日は不動産のプロの端っことしてご忠告
今年から、登記法と言う法律が大幅改正されまして、司法書士の先生方はエライ大変らしいです。今日はその講習でした。

で、どうなったかと言うと、今まで「権利書」と言われていた書面がなくなり、12ケタの暗証番号が権利書の代わりになるということ。その他にも色々とあるのですが、みなさんに言いたいのが今のうちに「信頼出来る不動産or司法書士と親しくなっておく」と言うこと。
土地や建物を売る時には必ず権利書が必要になりますが、それが無い場合、「本人確認」という作業が司法書士側で必要になります。
ここでよく考えてみてください。「あなたがあなたである」事を証明できる人が世界に何人いるでしょうか?
免許証?パスポート?偽造の可能性を考えると、他人からは全く信用出来ない書面になります。
結局、長年の付き合いがなければ、本当に山田太郎(仮)なのか、我々不動産屋には判別つきません;;
だれも本人確認出来なければ、自分の土地を売ることすら困難と言う事です。(権利書があれば簡単ですが)

それに、不動産屋も司法書士も法律にはかなり詳しいので、色んな困りごとも、親しくなっておけば気軽に相談出来ますよ^^
[PR]
by kurouhougan | 2006-07-21 01:56 | 不動産

ヴェレゾン開始宣言


b0094717_10464717.jpgみなさんは「ヴェレゾン」という言葉を御存知でしょうか?フランス語で「Veraison」と書くそうですが、つまりブドウが色づくこと。
我が家でも今日辺りから、緑の粒のなかに色づき始めたブドウがちらほらと。
白ブドウは一見わからないのですが、皮が透明に近くなって、中の種が透けて見えて来ます。
現在、確認出来るのが写真のキャンベルアーリーとシャルドネ。やっぱり早く熟すブドウから始まるみたいですね。
本によるとヴェレゾンが起きると鳥や虫達が食欲をそそられるそうです。袋かけしなきゃ^^




b0094717_1049490.jpg
こちらはようやく咲いたクチナシの花。甘く強い香りがすると言う事で買ってきたのですが、バラよりちょっと香りが弱いかな?
香りは、モモ・パイナップル・それにサンオイルっぽい感じ。
ワインで言えば、超完熟させて樽に漬け込んだシャルドネってトコですね。
[PR]
by kurouhougan | 2006-07-15 10:56 | ブドウ

ブラックベリー危機一髪!!

去年植えて、先週ようやく実がなったブラックベリー。
でも、なんか元気ないので、根元を掘り返したら、コガネムシの幼虫がワンサと・・・
手の施しようがないので、泣く泣く実を落として植え替えを決意。

b0094717_23284431.jpg

植え替え前のプランターと掘り出したブラックベリーの根。
細い根は見事に食い尽くされ、木のような部分しか残っていない状態。


b0094717_23224271.jpg
そして、憎き幼虫たち。別に君たちが悪いわけじゃない。ココに産んだ親を憎んでくれと、自分に言い訳しながら捕殺。
合計で7匹。その前に掘り出したのが10匹ちょうどだったんで、20匹近くいた事に。
そんなにブラックベリーの根っこっておいしいのかなぁ?



b0094717_23244222.jpg
で、作業後のプランターの様子。
別の鉢に勝手に生えたワイルドストロベリー&ケイトウ(余り苗)を一緒に植えて再出発。
来年は良い実を期待してるよ~
[PR]
by kurouhougan | 2006-07-12 23:29 | ガーデン

桔梗の花

b0094717_1231548.jpg
中学生の頃に植えた桔梗。なんども株分けを繰り返して、今年も咲いてくれました。
花をピンチすれば、夏中咲き続ける力強さと、可憐な花姿が大好き。いつしか私のガーデンの主役になっています。

タイトルに反して、ブドウの報告がなくなっていますが、元気に育ってくれてます。スーパーにもデラウェアが並んで来ました。
今年もブドウの味を満喫したいです^^
[PR]
by kurouhougan | 2006-07-06 12:32 | ガーデン