ぶどう絵日記

crow1978.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ワイン( 111 )

晩秋の伊豆ワイナリー

b0094717_1025126.jpg
天気のいい休日
お昼ごはんを食べて、さて何しよう?
そうだ、伊豆ワイナリーへ行こうっと♪

b0094717_1043046.jpg
この前の東京でも飲んだけど、毎年良くなってきてます。
伊豆という立地上、多雨の中で懸命に造っている努力が少しづつ実り始めている。

地元としても誇りです☆

b0094717_1093055.jpg
ぶどう畑は紅葉を迎えて、だんだん近づく冬の足音
晩秋の風はちょっと冷たくて、車の暖房が心地よい^^



b0094717_10125990.jpg
そういえばもうこんな季節

クリスマスソングが街に流れると、
毎年のように寒さを感じる T T

季節を飛ばして春になって欲しいけど、
この寒さがブドウの樹を充実させて
力強い芽吹きの季節を迎えます。

さ、春に向けて力を蓄えますか^^

[PR]
by kurouhougan | 2008-11-27 10:17 | ワイン

魅惑の日本ワイン

b0094717_23223658.jpg

「シルク・キュリネール: 魅惑の日本ワインとの邂逅」

へ、行ってきました^^
[PR]
by kurouhougan | 2008-11-23 23:51 | ワイン

Georges Duboeuf

ボジョレーヌーボー、昨日11月20日に解禁♪
必ず解禁日に飲むわけじゃないけど、今年はしっかり解禁日に味わってみました^^

b0094717_9354673.jpg手前がロゼ、
奥がノーマルの赤

ボジョレー好きを自称するわりに、ジョルジュ=デュブッフは初めて飲んだのですが、いつもより軽めの造り。

ボジョレー地方のぶどう品種
「ガメイ」を使って、
デュブッフが目指したものは、

「一口飲むだけで心がおどりだすような
楽しいワイン」

なるほど、ゴクゴクと飲みすぎてその後、
爆睡w


夢の中で、ブドウの声を聞いていました f^^;


P.S.前回の日本ワイン試飲会にコメントいただいた方々、ありがとうございました。
一件一件お返事もしたいのですが、主催者に見つかると怒られそうな気もしますので、記事を削除させてもらいましたm(_ _)m
[PR]
by kurouhougan | 2008-11-21 10:27 | ワイン

大丸の試飲会へ

東京駅の再開発は急速すぎて、行くたびに違う駅みたいになっていますが、
その開発の目玉!!新大丸で、

「大丸東京新店 開店1周年記念 第74回 世界の酒とチーズフェスティバル」

なんてのがやっていたので、早速行ってきました。
b0094717_14223062.jpg

今回の試飲会はたくさんのインポーターが、各ブースで試飲してもらって、直売する形式。
なお、吐器がないため、注がれたワインはすべて胃の中へ

・・・

ツライ ><

3つ目のブースあたりから、かなりフラフラにw

b0094717_14285846.jpgこんなのありました。
「ゴッドファーザー」
で有名なコッポラ監督が造っている

『フランシス・コッポラ
  ダイヤモンド・コレクション』

名前ばっかりかと思ったら、
いい意味で裏切られます。

他にも、面白いワインがたくさんありましたが、当然、全部は飲めず T T




b0094717_14352432.jpg
お土産も重たいので、一本だけ

「ラ ローザ パッシート」
2000円ちょっと

エチケットの通り、バラの豊かな香りに包まれた甘口芳醇ワイン。
なにやら、ワイナリーのオーナーが奥様のために造ったと言うことで、愛にあふれた逸品です。

輸入業者は先日の試飲会の「㈱稲葉」
崎陽軒の時には、こんなのなかったのにね^^



追記
「日本ワインを愛する会」後援で、日本ワインの試飲会が11月22日(土)に行われます。
場所はなんと、「ペニンシュラ東京」!!
詳細はこちら
[PR]
by kurouhougan | 2008-11-11 14:48 | ワイン

悪魔のワイン

b0094717_14134139.jpg

悪魔より幽霊のほうが怖いと思いませんか?



それはそうと・・・

More
[PR]
by kurouhougan | 2008-11-01 15:06 | ワイン

新種の新酒

b0094717_1322197.jpg
一個人って、ちょくちょくワインの特集をやってくれます。
しかも、国産のワイン情報が出てくるので、そういうときは買うようにしているのですが、

今回、目を引いたのはこれ!!

b0094717_13371052.jpgジョルジュデュブッフのボジョレーヌーボー
『ROSE』 ^^)v

思えば11月も近づいて、いつの間にかヌーボーの季節がやってきます。
好きだと好きだと言っているわりには、
当日に思い出したように買っていくのですが、今回は事前に予約してみました^^

調べてみたらampmでロゼの取り扱いがあったので、ハーフボトルで赤とロゼを一本づつ。
ロゼのヌーボーなんて、なかなか見ませんからね。

どんな味わいなのか、あと1ヶ月弱、
楽しみにしてます^^
[PR]
by kurouhougan | 2008-10-29 13:53 | ワイン

産地直送・・・???

crow家の鍋物シリーズ!!

というわけではないのですが、なんか続きましたね。

b0094717_9494860.jpg
先日、兄が勝沼へ行ってきました。
(crowはお仕事 T T)

帰ってみると、ほうとう^^

crow 「あ、買ってきたの?」

母   「(地元の)スーパーで」

・・・なんで??

ま、どこで買ってきても大好きだからいいんですけどね♪


crow 「じゃ、甲州でも空ける?」

兄   「もうワインはいいや」

・・・

冷蔵庫を開けると、この前友人の結婚式でもらったアスティ。

ま、いっか^^

b0094717_9532014.jpgサンテロ アスティスプマンテ(200ml)
500円弱

モスカート・ビアンコで作られる
気軽なスパークリングワイン
というより、マスカットソーダという表現が
もっとも的確かもしれません^^

タンニンが云々、濃縮感がどうこう・・・

「そんなことは置いておいて、せっかくのお酒、楽しみましょう♪」

うん、そうだなって妙に納得できるワインです
^^)v


あ、ちなみに、
かぼちゃの濃厚な甘さと、アスティの爽やかな甘み。
味噌の香りと、少し酸化した大人のマスカット香。
意外に、素敵なマリアージュ♡
[PR]
by kurouhougan | 2008-10-25 10:40 | ワイン

Gibier

ジビエ

狩猟によって捕獲された野生の鳥獣である
(ウィキペディアより)

熟成したピノノアールに時々見られる、強烈な匂い。嫌いなもの。
(crow大百科より)

b0094717_1813197.jpg
もとより、ブルーチーズなどの匂いが強いものはあまり好まないcrowですが、ウィキで言うところのジビエは結構好き。

ウズラや鹿、カモ、馬刺し(は違うかw)

先週のこと、会社の近所の商店街でお祭りをやっていました。
そこに来ていた屋台の一軒が、珍しい天城の猪肉を売っていたので、猪鍋に*^^*

これが、もの凄く美味しい・・・
家族の話し声が、思わず小さくなるくらいに美味しいのです。


脂身も、ぎゅっとしまって上品な甘さ。
赤身の部分はしっかりとした歯応え、濃厚なコク。
心配していた獣肉の臭みもほとんどなく、パーフェクトな味。

さ、鉄砲でも持って山に行くかと、本気で考えました(笑)

b0094717_18224637.jpg合わせたワインがこちら

バラホンダ・モナストレル 2007
(1,000円前後)

スペインのイエクラ地方、モナストレル(ムールヴェードル)100%と言う事で、濃厚でワイルドな感じが猪鍋に見事にマッチ。

南仏系の品種ってどこか血の味がするので、こういうのによく合いますね。

欲を言えば、もう少しエレガントで樽香のあるワインにすれば良かったなと・・・
って言うか、猪が思った以上に良すぎました。


山の恵み、たいへんご馳走さまでしたm(_ _)m
[PR]
by kurouhougan | 2008-10-21 18:45 | ワイン

秋深し 隣は何をする人ぞ

夕暮れ時から聞こえる虫の音に包まれて、ゆっくり眠れる日がつづきますね。
暑くなく、寒くなく。

b0094717_2382218.jpg
仕事に出た先で、

おヒゲの立派なネコさん


さて本題・・・
[PR]
by kurouhougan | 2008-10-10 23:40 | ワイン

IT'S SHOW!!

勝沼行って驚くもの

広がるブドウ畑と一升ワイン


b0094717_1313472.jpg先日、HPにアップした
「五味葡萄酒」の一升ワイン
確か、1500円くらいだったと思いますが、
詳細を忘れました ><

デラウェアと甲州のブレンドのようで、デラの華やかな香りと、プレスラン由来の渋み、酸味が特徴的。食事に合わせると実力を発揮してくれるタイプですね^^

他のワイナリーでも、
けっこう作っている一升ワイン。
だいたい1500円前後ですが、
1.8L=2.4本分。
一本625円という計算になりますから、
めちゃくちゃお買い得デス。


ブドウ畑では、農家のおじいさんが湯呑みに注いで飲んでます。
そういう飲み方なので、ちょっとクセがあるほうが美味しくなるんでしょうね。

ちなみに日本ワインの大半は720ml(四合)ビンで売られています。
欧米だと750ml。
こう聞くと30ml損した気分ですが、国内のビンメーカーが四合瓶をメインに作るため、ビン代が少し安くなるそうですよ^^
[PR]
by kurouhougan | 2008-10-05 13:33 | ワイン