ぶどう絵日記

crow1978.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ワイン( 111 )

料理用です!!

先日の勝沼で買ってきた
丸藤 クッキングワイン 1800ml
b0094717_13184064.jpg


一升瓶で100%国産で料理用?
もったいないハナシ

というわけで、一本購入して飲んでみました。

色は薄いルビー色で、けっこう照りがあります。

余談ですが、美味しいワインは大抵、いい感じの照りがある。
ただし、照りがあるからって言って、美味しいワインとは限らなかったりはしますが・・・

香りは若い杉の葉、カベルネ?
口に含んだ感じは若いラズベリーのニュアンスに高い酸味
スリムでキュート、日常的なオーディナリーワインとしては充分な品質。

ただし、店員さんは「料理用」をひたすら強調していましたが^^;

ちなみにお値段、crowは忘れてしまったのですが、兄が言うには800円
750mlに換算すると、一本あたり333円(?)

ホントか?ホントにこの値段だったのか???

だれか、現地で確認してきて下さいm(_ _)m

※追伸:先日、改めて確認したところ900円でした。
     それでも格安ですが^^;
[PR]
by kurouhougan | 2010-10-10 13:27 | ワイン

TKG(Tamago Kake Gohan)

b0094717_15515746.jpg

ビーニャ・バルディビエソ ブリュット

先日、輸入業者モトックスの試飲会で見つけたチリのスパークリング
シャルドネ×セミヨンとちょっと珍しい組み合わせ^^

少し甘味を残した、しっかりとした作りのスパークリングで、1000円程度のお値段

奥に見えるのはサンマ
今年は高いね><

さて、サンマとしっかりマリアージュしたバルディビエソ君

しかし、サンマ一匹だとご飯一杯食べきれなくて、茶碗に残ったご飯を食べるために登場したのが・・・

b0094717_15564869.jpg

卵かけごはん ^^v

いつもご飯が余るとこれをやります。
手軽で美味しい♪

さて、卵とワインは微妙な組み合わせだと言われますが、
どうだろ~?

卵の甘さが舌に残った状態で飲むと、
なんだか、舌の先に妙な苦みが感じられてNG T T

ところが、スパークリングの余韻が残った状態で
TKG(笑)を口に入れると、フルーティな香りが広がって、
卵の甘さが増幅される。

食べる順番でこうも印象が違うとは・・・

ちょっとチャレンジしてみると面白いかもしれませんね^^
[PR]
by kurouhougan | 2010-08-25 16:01 | ワイン

緑色アルヨ

b0094717_11115255.jpg

先日、友人の家族が手伝いに来てくれて、子供たちが植え付けた苗。
見事に根付いて、育ち始めました。

More
[PR]
by kurouhougan | 2010-06-13 11:27 | ワイン

キムチでワインを

おとなり湯河原町の忠慶苑という焼き肉屋さん。

それほど高くなく、そしてとても美味しい♪

とくにここの豚足とセンマイは絶品で、crowはこれ以上美味しいのを食べたことがないくらい。
あと、ユッケビビンバに肉うどんも♪

お肉は当然カルビ。
上カルビなんて頼まなくても、よその特上クラスの美味しさで・・・

閑話休題
[PR]
by kurouhougan | 2010-05-23 16:24 | ワイン

SUMIBIYAKI♡

b0094717_10194797.jpg


美味しそうに焼けたししゃも



More
[PR]
by kurouhougan | 2010-04-29 10:49 | ワイン

大黒葡萄酒

b0094717_10155872.jpg

暑くなった水曜、寒くなった木曜

なんだか天候不順もはなはだしい

去年の秋に植えたレタスは、ようやくここまで伸びてくれました。
市場ではとんでもない価格。もっと植えればよかったかなぁw

b0094717_1018776.jpg
さて、こんなワインを開けてみました。

「株主様限定醸造」
山梨県産甲州 大黒葡萄酒

兄がメルシャンの株を持っているので、株主優待でGET^^

甲州特有のおしろい花の香りが際立つ、中甘口の銘品。
最近のスタイルより、少し懐古的で優しい味わいが心をほぐします。


実は「大黒葡萄酒」というのは、とても重要な名前で、
日本ワインの歴史をひも解くと

明治10年 大日本山梨葡萄酒会社 設立
        高野正誠、土屋助二郎をフランスへ派遣
明治19年 大日本山梨葡萄酒会社 解散

明治21年 宮崎光太郎が上記会社設備を引き継ぎ、甲斐産商店を設立
        「大黒天印甲斐産葡萄酒」を発売
昭和9年  社名を大黒葡萄酒㈱に変更

そして合併・社名変更を繰り返して、現メルシャンに至るわけです。

明治の昔からの血統を引き継ぐワイン名。
歴史をともにいただきましたm(_ _)m
[PR]
by kurouhougan | 2010-04-23 11:16 | ワイン

古酒のヌーボー???

b0094717_11462547.jpg

淡い琥珀色に熟成したワイン

余計なものを削ぎ落とした色合いは、美しく歳を重ねた女性に似て、優美さをたたえています。

なんてね♪
[PR]
by kurouhougan | 2010-03-01 12:15 | ワイン

澱の香り

b0094717_16331484.jpg

ああ、マズイマズイ

画像が大きすぎますね

とまあ、携帯変えて一週間過ぎても、毎日ウキウキのcrowです^^;


昨晩のワインはフジッコワイン

「スパークリング濁りルージュ」
375ml 945円


満を持してフジッコワイナリーが送り出した赤いスパークリング

ベリーAとベリーアリカントという国産の葡萄品種を使っています。

柔らかいサクランボの香りが春を感じますね。

それと同時に、どこか変わった香りが
・・・澱(オリ)??
そういえば、「濁り」って書いてあったw

この独特の澱の香り。
よくスパークリングワインではトースト香とか言われていますが、
このワインの場合、もっと何かに似てる・・・

そうか!!

食卓に出ていたホウレン草のおひたしに醤油をかけて食べると、ベストマリアージュ!!
ホウレン草の土の香りが、ベリーアリカントの日なたの土の香りに合うのはもちろん、
この澱の香りが、醤油の風味に近似してる。

そういえば、醤油も半年~一年、澱と一緒に熟成しているんだよね。

発酵の世界は奥が深いな~と思いながら、ちょっと醤油作りの現場を見たくなってきました^^

お知らせ♪
[PR]
by kurouhougan | 2010-02-21 17:02 | ワイン

Professional only

「日本ワインを愛する会」といえば、何度かこのブログでも紹介してきましたが、
昨日2月10日(水)に『和食にぴったり 甲州ワイン試飲会』がありました。

なんと飲食店のみという狭き門のイベント

ちゃっかり受付スタッフになりすまして(?)行ってきました^^
b0094717_1550199.jpg


題名の通り、今回の出品は『甲州』のみ!!

とはいえ、甘口・辛口・スパークリングにきいろ香と、いろいろなスタイルがあって、
しかも各社各様。

端から順に試しても、それぞれに個性があって、同じ味には決して出会わない。
各ワイナリーの努力の賜物ですね。


こういったイベントを機に、日本のワインを味わえるお店が増えてくれるのが楽しみです^^



で、3月13日(土)には一般参加可能なイベントが渋谷であります。
愛する会のHPに情報アップされたら、またお知らせしますね^^

More
[PR]
by kurouhougan | 2010-02-11 16:12 | ワイン

ボジョレーヌーボーが現すモノ

11月第三木曜といえば、ボジョレーヌーボーの日^^
b0094717_11552321.jpg

さて、今年はこれ

フランソワ・フッシェ ボジョレーヌーボー2009

ヌーボーらしいイチゴ・バナナの香りに若干酸味が効いて、さくさく飲めます^^
食卓には生牡蠣・・・

でも大丈夫でした~^^v

気になるお値段は・・・
980円!!



b0094717_11583141.jpg
今年はうわさの西友・ペットボトルの890円ヌーボーが欲しかったんですが、いざ近所の西友へ行くと売り切れ><
しかも、よく見ると価格がさらにお安くなっている!?

新聞見たら、直前に2段階の値下げをしたそうです。

しょうがないので、瓶詰の980円を買って来ました。

それでも、普通2000円前後が相場のボジョレーヌーボーがこれだけ安くなる時代。

今朝の新聞でもデフレ話題の象徴として書かれていました。


でも、ちょっと思い出すと、ボジョレーヌーボーってバブルの象徴だったときもあるんですよね。


時代に翻弄されるボジョレー

もう少し、ゆっくり素直に楽しめるようになるといいんですけどね^^
[PR]
by kurouhougan | 2009-11-21 12:12 | ワイン