ぶどう絵日記

crow1978.exblog.jp
ブログトップ

あわあわ

スパークリングが美味しい季節になりました。
昔はシャンペン、今はスパークリング
怒ったみたいなヴァン・ムスー、ちょっと気取ってスプマンテ
泡モノワインの呼び方も、色々あるもんです。
(※)
b0094717_1932964.jpgクリスマスの時期に購入した、
「スパークリング・アレキサンドリア」
(サッポロ 岡山ワイナリー)
“あの”マスカット・オブ・アレキサンドリアを贅沢に使用した逸品
なぜか1200円という安さ!!

ただし中身は600mlというオチもついていますがw

上品なマスカットの香りと、
ほんのり青リンゴの香り
さっぱりとした甘口+7%の低アルコール
サイダーのごとく、どんどん飲めます。

疲れた体にしみわたる美味しさ

マスカットって、crowの知っている中では唯一、生のブドウの味がそのままワインに出てくる不思議なブドウ
イタリアでは、有名なアスティがありますね。
香りが強い上に、甘口に仕立てることが多いので、どうしても味わいの深さが軽視されがちですが、単純に美味しいと思えるこんなワインが大好きです^^

※シャンペン(シャンパンw)はフランスのシャンパーニュ地方で伝統的な製法で作られたワインにのみ許される呼び方。スパークリングワインの(価格も)トップクラスなものだったので、みんなでシャンパンを名乗った時期があったようです。今は国内でもマドリッド協定によって禁止されています。
[PR]
by kurouhougan | 2007-07-21 19:27 | ワイン