ぶどう絵日記

crow1978.exblog.jp
ブログトップ

長い名前

季節外れの台風が過ぎて、ほっと一息。
夏の空気があたりを包むと、スパークリングが美味しくなります。

b0094717_1048579.jpgいつもの酒屋さんで、
「ランブルスコない?」
「面白いのあるよ~」
で薦められた一本

「アッソーロ レッジアーノ フリッツァンテ ロッソ セッコ」

上から解説すると
アッソーロ=たぶん銘柄
レッジアーノ=地区名
フリッツァンテ=微発泡
ロッソ=赤
セッコ=辛口

分かりやすいのか、分かりづらいのか


b0094717_10522875.jpg
注いでみると、見事に真紅。
ロゼとか薄い赤とか、スパークリングには色々あるけど、ここまで真赤なのは初めてです。
発泡だから当然冷やしてみたけど、どうも飲み頃温度は14℃くらいか?
とすると、泡はどうする?
なんだか、今までの常識は通じませんw

味わいは、ひたすらベリー系と、発酵途中のなんとも言えない蔵の香り。
美味しいですよ^^



ついでに、これを造っているメディチ・エルメーテ社はあの「メディチ家」の流れを組む名家だそうです。
セレブな名前に気後れしますが、気になるお値段は1,000円前後。
友達と楽しく飲むのには最高のお供です^^
[PR]
by kurouhougan | 2007-07-16 11:14 | ワイン