ぶどう絵日記

crow1978.exblog.jp
ブログトップ

キムチでワインを

おとなり湯河原町の忠慶苑という焼き肉屋さん。

それほど高くなく、そしてとても美味しい♪

とくにここの豚足とセンマイは絶品で、crowはこれ以上美味しいのを食べたことがないくらい。
あと、ユッケビビンバに肉うどんも♪

お肉は当然カルビ。
上カルビなんて頼まなくても、よその特上クラスの美味しさで・・・







で、いつも行くとキムチを買って帰るんですが、このキムチがまた酸味と辛味の加減が絶妙で
ご飯がすすみすぎるんです^^

さて、キムチとワインと言えば大人気ワイン漫画 『神の雫』 ではイタリアのカラブリア州にあるリブランディ社のワインが紹介されていました。

唐辛子を作ってる地方だから、キムチとマリアージュするって。

ホントか?w と笑っていましたが、とある試飲会で出てきたのを飲んだら、ホントに唐辛子のニュアンスがあってビックリしたのは別のハナシ。

b0094717_15523656.jpg
たまたまキムチが出てきた食卓で開けたのが
以前にも紹介した「シャトレーゼ デラウェア」

ラブレスカ(北米系ブドウ)のワインには狐臭と呼ばれる、独特の香りがあります。
ファンタグレープ様の甘ったるい香りが強く出るので、食事と共に楽しむ役割としては敬遠されがち。

でも、その香りがキムチと意外なマリアージュ^^

お互いの個性的な香りが混ざりあって、ナッツ様の美味しい香りに。

しかも、キムチの辛さとワインの甘さが新感覚ですw

ラブレスカワイン、意外な役割です
[PR]
by kurouhougan | 2010-05-23 16:24 | ワイン