ぶどう絵日記

crow1978.exblog.jp
ブログトップ

行けるところまで行き、然るべき場所で死ね

フランスのことわざだそうです。

やることやって、必要なところで死ぬ。

なるほど、人生はかくあるべき。

なによりも後半の『然るべき場所で死ね』は素晴らしい。

人はいつだって、生きなきゃいけない、死ななきゃいけない。
この矛盾を一刀両断!!

死を忌避するのは、確かに生物としての本能だけど、
残念ながら、また幸せなことに、人は死ぬ。
この事実を忘れて、死を回避するためにエネルギーを費やし、
いつまでたっても、次の世代のことを考えない。

子供たちが笑えない社会を作り上げてるのは、
実は死ぬことを必要以上に回避するからなんじゃないかな。

さすがに38まで生きて、いろんな人の死を見てきた。
けっこうたいしたことないよ?

たぶん、自分が死んでも、普通に世の中は回るし、家族もいつかは平穏な生活に戻る。
そんなに怖いことじゃない。

だからこそ、死を回避するためにエネルギーを費やすんじゃなくて、
行けるところまで行く=幸せ、充実した人生を送るために、
エネルギーを向けてみてもいいんじゃないかな?

そして、いつかは然るべき場所にたどり着く。
その時に、たくさん幸せだったと感じることが出来たら、
それで満足でしょ。
[PR]
# by kurouhougan | 2016-05-22 11:51 | Comments(0)

10年ひとむかし

「歳月人を待たず」
と言えば、一生懸命に毎日を過ごせ!!

みたいな感じしますが、実は
「人生は飄々とした根無し草、生まれたからには人類皆兄弟、楽しく酒でも飲もうじゃないか」
なんて、ちょっとアンニュイな気楽さを詠った陶淵明の詩

b0094717_1603070.jpg
さて、楽しく酒でも飲む会な
「日本ワインを愛する会」

このブログでもたびたび登場していますが、
今年でついに10年を迎えることとなりました。

設立時から出席しているcrowとしては
本当に感慨深い



10年か・・・色々あったな・・ぁ?
いや、あんまり変わらないかな?

そんな10年の節目は、豪勢に『目黒雅叙園』
b0094717_1621383.jpg

豪華パネリストをお迎えしてのセミナーとか、

b0094717_1631934.jpg

200人入っても大丈夫!!な広々として豪華な会場とか、

日本ワインを愛する会が法人になるとか、

なるほど、10年の節目とはこういうものかと思いつつ、

crowの関心はやっぱりワイン!!

b0094717_1654678.jpg
岩の原ワイン『HERITAGE 2011』

マスカットベリーAワインの大本命とでもいいましょうか
素晴らしくエレガントな出来栄え

味は思い出せるのに、文字で表現できないのが
もどかしい

b0094717_16105058.jpg
合わせたのは長野産シカ肉のサラミ

スパイシーな味わいは赤ワインにぴったり

他にも、大量のワインや国産チーズ等が並び

美味美酒に舌鼓^^


日本にはまだまだ美味しさが眠っている
[PR]
# by kurouhougan | 2014-07-19 16:16 | ワイン | Comments(0)

趣味に生きてる

b0094717_955668.jpg

久しぶりの投稿は、使い勝手を微妙に忘れ ^^;


b0094717_956452.jpg
昨日はトマトの苗を植えてきました。

今年はバラもあまり香らず、
トマトの苗もすごく遅い

まあ、どっかでペースが戻ってくれれば
焦ることはない



b0094717_9593851.jpg





去年からやたらと釣りにハマって
お金も時間も使っちゃってます

ちなみにこれは自作の竿受け

先日、ボート釣りしてたら、
竿もリールもお魚に引っ張られて
海の底へ・・・

悔しいので自分で作ってみました^^


b0094717_1021024.jpg





移動時には垂直に立てられるよう
スグレモノ!!

のはず・・・

次回のボート釣りで試してみます。

もちろん、今度は尻手ロープもつけてね
[PR]
# by kurouhougan | 2014-05-26 10:04 | | Comments(2)

袋かけ狂想曲

b0094717_1040533.jpg

ベランダのカベルネはバラ房
暑さでちょっとバテ気味か?

b0094717_10414893.jpg
巨峰はどうにかこんな感じですが、
去年の手抜きがひびいて、色々と
イマイチな感じ

昨年は地震のショックで、やる気がすっぽ抜け
でも、ブドウより畑にご執心なのも原因のひとつかも・・・



そんな畑のトマトですが、去年は袋をかけて大成功^^
今年も当然、袋かけにしたのですが、ブドウ用の袋は付けたり外したりがちょっと面倒><

で、コピー用紙や新聞広告を糊づけして袋にして、クリップで袋の口を留める方法にチェンジ

b0094717_1046273.jpg
こんな感じで、下のほうにはケモノよけのトウガラシつき

でも、実はこの手の紙って、
思ったより雨に弱い><

そして、最大の欠点は中が見えないので
いちいちチェックしないといけない

しかもトウガラシをモノともせず、
ケモノに食べまくられましたT T



b0094717_1049117.jpg

しかし、ネバーギブアップ!!
もう一工夫のアイデア

いらなくなったシャツをバラして
巾着袋に作り替え

これなら着脱もいっそう楽だし、
外さなくても、色づきがわかる^^v

しかも、しっかりとホールド出来るので
ちょっと引っ張っただけでは外れない
洗って再利用できるしね^^



b0094717_10533172.jpg
・・・と思ったら
袋の上からかじられて、ひとつだけですが
やられてました><

アリがたかってるのを見ると
やっぱりトマトって糖度があるんだなと
妙なところで感心



で、結局どうなったかというと
トマトの木が高くなるにつれ、ケモノ(たぶんタヌキ?)が届かなくなったらしく
被害は激減

最後は自然の力で助けられました^^

b0094717_10562719.jpg

[PR]
# by kurouhougan | 2012-08-23 10:58 | | Comments(0)

Biz感

去年の七分丈パンツ
知り合いのOLさん曰く

『涼しげだけど、ビズじゃないな』

ということで、今年はいかにBiz感を出すか悩みまくりました><;

ひとつはネクタイをすること
そしてもう一つ・・・

b0094717_10215260.jpg


腕時計^^

お仕事中は革ベルトのしっかり時計
仕事が終わればレジャー調の防水時計

そしてたまたまですが、買ったジャケットが本切羽
会社を出るときに、ちょっと袖まくりでオンオフはっきり

それと・・・普段、腕時計なんてしてないんだけど、意外と重宝しますねw
[PR]
# by kurouhougan | 2012-07-24 10:28 | Comments(2)

夏の到来

b0094717_10562322.jpg

暑い日にはこんなお酒も
『バカルディ モヒート クラシック』
ソーダで割るだけの簡単カクテル
ミントの香りは体感温度を4℃下げるとか


b0094717_1113170.jpg
おつまみに・・・じゃないけどw

トマトにキュウリに枝豆に^^

夏野菜が初収穫

これからどんどん採れる予定



さて、去年はくだけまくったクールビズ

今年はもう少し、ビジネス色を出そうと思って考えてみました

テーマは『ネクタイ』

crowは、とりあえずスーツの上着を脱いで、ネクタイを外すだけの、なんちゃってクールビズが大嫌い
意地でもネクタイをすることにこだわってみました^^;

そうすると、シャツはポロシャツじゃなくて、ワイシャツになるよなぁ
ジャケットも着たほうが、しっくりくる・・・
それでいて暑苦しくないように、真夏の陽光に似合う感じ

いろいろ悩んだ結果がこちら
[PR]
# by kurouhougan | 2012-07-22 11:10 | | Comments(2)

タバコガ発生><

b0094717_12144816.jpg

キュウリが採れ始め、トマトの実が大きくなりだした梅雨の中

b0094717_1215366.jpg
なんか、トマトの根本に虫フンを発見

調べてみると、どうもタバコガの幼虫が潜んでいる模様

放っておくと、木が枯れちゃうそうです。

実際に2本は元気がなくなっていたので
泣く泣く切りました T T



b0094717_12173160.jpg

いろいろ考えた結果、虫退治に効果の高い
『台所用洗剤』を虫穴に注入w

さて、効き目があるかどうか

ちなみにアブラムシにはこれをスプレーするだけで
全滅です^^
(虫の気門を塞いで、窒息させるそうです)
[PR]
# by kurouhougan | 2012-07-12 12:20 | | Comments(1)

咲き誇る日本ワイン

b0094717_11392661.jpg
バラの花咲く5月9日の水曜日

行ってきたのは・・・


美味しそうな生ハムパーティ \(^ ^)/

b0094717_11144688.jpg



じゃなくて ><

『日本ワインを愛する会 全日本ワイン総試飲及び出版記念パーティー』

More
[PR]
# by kurouhougan | 2012-05-11 11:50 | ワイン | Comments(2)

旧きを訪ねて

ちょっと雨がちだったGW

関東地方はちょっとどころじゃない雨だったようですが、
ちょうどそんな時に、勝沼へ1泊2日で行ってきました

目的は当然ワイナリー^^

シャトレーゼベルフォーレ
 ↓
サントリー登美の丘
 ↓
フルーツパーク富士屋ホテル
 ↓
グランポレール勝沼ワイナリー(サッポロ)
 ↓
丸藤葡萄酒
 ↓
メルシャン
 ↓
ダイヤモンド酒造

b0094717_1193815.jpg

サントリーの登美の丘は、勝沼から甲府市をまたいでちょうど反対側にあります。
ちょっと遠いので、まだ行っていなかったのですが、今回、初の訪問

b0094717_1123336.jpg
この地が登美農園として開墾されたのが1909年
寿屋(現サントリー)に受け継がれたのが1936年

写真のワインセラーはいつごろ造られたのか
山の中腹を掘りぬいた古い石造りの建物の中は
奥がかすむほどの大空間

重機もロクにない時代によくもこれだけ・・・



さて、久しぶりのメルシャンに寄ってみたら、向かいの宮光園が見学できるようになっていました
b0094717_11265473.jpg

ここはメルシャンの前身、大黒葡萄酒の創業者、宮崎光太郎の自宅(※)
明治29年(1895)頃の建物らしいので、ひゃ・・・百十五年前!?
木造の建物で、よくもまあ残っていたものです

向かいのワイン資料館と共に是非行ってみるべき名所です^^


※自宅・・・だったような気がしますが、宮家の方々が訪れたということもあり、迎賓館のような役割だったかもしれません。昭和の初めに2階部分を洋風に改装してあったりと、建築の分野としても面白い建物です。
[PR]
# by kurouhougan | 2012-05-07 11:47 | ワイナリー | Comments(3)

マメ科の春

松任谷由美は春を待つ歌でしたが、
春爛漫の季節になんとなく口ずさむ

b0094717_10232651.jpg

レンゲソウ(ゲンゲ)の花と、後ろに見えるのはカラスノエンドウ
どっちもマメ科

マメ科の根には根粒菌がついて、土を肥やしてくれるそうです。
そんなこと考えなくても、植え付け前のこの季節に咲く可憐な花は
畑の色どり^^

b0094717_10363986.jpg
春を待って、ようやく撒いたのは
トウモロコシと枝豆のタネ

芽が出たところを食べられないように
カヤのマルチでカモフラージュ




気の早いテントウムシが、エサを求めてあちらこちら

b0094717_10415017.jpg


春だな~
[PR]
# by kurouhougan | 2012-04-26 10:43 | | Comments(2)